ゴジララグビー ブログ

Facebook

LA-godzilla Rfc


検索フォーム

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のエントリー

フリーエリア

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

第2回 U.S. Japan Cup シカゴ戦

2006.06.17 Sat

2006年、6月17日、、、この日が来たね。そうだよ。この日の為に通常練習にプラスして道場を開いて特訓をして来たんです。仕事も学校も休んだ。そして、中には妻と喧嘩してまで参加した奴もいた。。



だからさー意味はあるのか?
だからさー何のためにやるのか?
だからさーそこに利益はあるのか?


ロサンゼルス・ニューヨーク、そしてシカゴと日本人ラグビークラブがある。たかが3チームだが、これが何故か熱くさせてしまう。。お互いに負けられない。いや、負けたくないのだ。わかるか?君たち?意味や利益なんて屁理屈はいらねーんだよ。ただ、勝ちたいだけ。それもみんなで勝つ事に意義があるわけだ。


ny2.jpg

ゴジラRFC VS シカゴ  
54対0でゴジラRFCの圧勝!!


試合開始のキックオフからタカが攻撃を開始した。今年のゴジラはフォワードの仕上がりが最高でラックからのボール出しが凄くスピーディーだった。シカゴが逆に戦力ダウンなのか・・ボールの獲得率は格段と良くなった。見方が見てもヒイキなしでゴジラが優勢だった。「波多野&Jゾー道場」の練習成果が出てた。涙が出るほどの感激と心地良いプレッシャーがバックスに伝わってきた。先制は三上のトライが豪快に決まる。(相変わらず、興奮でトライをした後は全力で走るが。。)それで勢いに乗ったゴジラはやばいぐらいにトライを重ねた。M石の繋ぎも最高だった。(ホワイトソックスが目立ってたが)

ny3.jpg

その後の会話で「M石さん最高でしたね!まるで三国志の赤兎馬 (せきとば)のようでしたよ」と部員が言ったら何と彼はこう言った。

「俺は赤兎馬 を抜いたんだよ」

ええー!!そこまで言っちゃいますか!


だが、シカゴのフルバックのディフェンスはすさまじいものを感じた。トーヤ、サム、シンとボールが渡り独走パターンであったが、シカゴのフルバックの動きがぶれなく見事にタックルを食らったシーンがあった。後で聞くとそのフルバックの人の歳は50歳近くだとか。。

50歳であのタックルは本物だ!尊敬する。
因みに彼は今大会でMVPに選ばれた。

引退だとか考えている奴、俺達もまだまだ出来るよ!

  1. 2006/06/17(土) 16:36:22|
  2. 2006年 U.S. Japan Cup|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

第2回 U.S. Japan Cup ニューヨーク戦

2006.06.17 Sat



ゴジラRFC VS ニューヨーク 
7対22 でゴジラ惜敗



今回は見事にニューヨークチームにやられました。ていうか、フォワードの集散がうま過ぎ。あれは相当な練習をしていたんだろう。ゴジラはほとんど何もさせてもらえず、前半はトライを3本とられてしまった。
後半に入りそろそろゴジラにも怪我人が出てきた。今回、無理言ってスクラムを組んでくれたツッキー先生のアバラがやばい状態だったが、彼は何も訴えもせず、試合を続行していました。
因みに彼はゴジラからMVPに選出された。 見事な試合を見せてくれて感謝したいと思います。

ny2.jpg
見て見て!左の写真を!コービ島田が最高な表情でラグビーをやってますね・・・だがな、

必死でボールを止めようとしたんだべさ!
別にドジョウすくいをしてんじゃないんだべさ!

そして、後半はゴジラも勝つ事を信じて試合に挑んだんだが、ニューヨークが良く守り、なかなか点を取らせてくれなかった。。ここで面白い事を紹介しよう。今大会でフル出場した波多野は、ニューヨーク戦で最後の最後で初めてボールに触ったそうだ。それも最後の攻撃で突進したが、相手に大車輪タックルを食らって幕を閉じた。

これもラグビーの現実である事を知ってもらいたい。

ny3.jpg
DVDまで作っちゃっていいの?

今回、この試合のDVDを作成しちゃいました!

「落ちこぼれ軍団の奮闘」

出来上がってると思います。是非、買ってください。あの元伏見工業の監督、山口良治氏もこのDVDを持ってます。

えーと、ゴジラは無料でくれるそうですが、シカゴには10ドル(一部の富豪は、5枚購入が条件)ニューヨークは、物価が高いので20ドルだそうです。

自己満足させてください!

  1. 2006/06/17(土) 14:28:45|
  2. 2006年 U.S. Japan Cup|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0